2017年 8月に読んだ本

●7679 濱地健三郎の幽なる事件簿 (ミステリ) 有栖川有栖 (角川書)☆☆☆★

f:id:smochiduki:20170805152600j:plain

 

 心霊探偵・濱地健三郎を主人公とする短編集。傑作「幻坂」に2編出ていた、とのことだが、うっすらとしか記憶にない。濱地は、死者の念が見えるという、榎木津のような断定だが、本書はホラーではない。(全然怖くない)かといって、西澤お得意の特殊設定ものでもない。

じゃ、何かと言われると、著者も後書きで苦労しているが、うまく表現できない。というか、ストーリーはホラーよりミステリによっているが、心霊現象のしばりがゆるすぎて、ちょっとパズラー時には弱いのだ。

ただ、キャラクターは立っていて、文章も良くて、クイクイ読めるので、何か後味はホラーと逆のテースト。後半の「霧氷館の亡霊」と「不安な寄り道」が、まずまずだったということは、やっと著者もこの設定の使い方が慣れてきたということか。

「幻坂」が傑作だっただけに、少し物足りないが、読んで損はないと想う。火村のアンチテーゼのような、濱地探偵の次に期待。

 

●7680 「司馬遼太郎」で学ぶ日本史 (歴史) 磯田道史 (NHK) ☆☆☆☆
「司馬?太郎」で学ぶ日本史 (NHK出版新書 517)

「司馬?太郎」で学ぶ日本史 (NHK出版新書 517)

 

 磯田=江戸の専門家?と司馬遼太郎というのは、イメージが合わなかったのだけれど、そう言えば、磯田は竜馬について書いていた。しかし、やはり磯田の表現能力は素晴らしい。わかりやすい。あっという間に読んでしまった。

司馬史観は、明治を善、昭和を悪(鬼胎)としすぎることに、違和感をずっと感じていた。(だから、僕の「坂の上の雲」への評価は少し厳しい)しかし、こうやって、「国盗り物語」=織田信長から、昭和まで論理的に順に説明してもらうと、決して司馬は単純にそう考えたわけではなく(当たり前か)この国の陥りがちな悪癖(調子に乗ること)への警鐘であったのだ。

磯田が「花神」が司馬のベスト、というのもなかなか気が合うなあ。まあ、僕は竜馬を上にするが、花神も大好きだ。ただ、題名は磯田道史の「司馬遼太郎入門」の方が正しい気がする。

 

●7681 ここから先は何もない (SF) 山田正紀 (河出新) ☆☆☆

 

ここから先は何もない

ここから先は何もない

 

 

 

題名はボブ・ディラン。内容は著者があとがきで書いているように、あの「星を継ぐもの」への不満の解消するために書いた、とのことで、小惑星で何万年前の人骨?が発見される、というのは何度読んでも魅力的だ。また、もうひとつの動機として70年代著者が中間小説誌に、まだなじみのないSFをどうやって書こうとしたか、は本書の冒頭の銀行のシーンで見事に生かされていて、すっと物語に入れた。

そこから、あれよあれよと一癖のある、しかし犯罪者ではないメンバーが集合し、謎の解決のため、米軍基地に進入するあたりは、まるで「火神を盗め」のようで、わくわくした。しかし、今回は主人公がハッカーというのがくせ者で、物語は電脳空間で推進力を失ってしまう。(少なくとも僕には)

というわけで、前半はひさびさの大傑作か、と想ったのだが(神、進化、生命、とてんこもり)途中から訳が分からなくなった。結局、本書は神シリーズ、シンギュイラリティー版、なのか?

山田正紀は不思議な作家だ。大好きだし、かなり読んでるつもりだが、この一冊というのがないし、最近のは雑すぎる気がする。でも、早いうちに何とか、山田正紀おすすめ神7を作りたい。小松左京と同じで、どうにも思い出せない作品が多いのだ。

 

 ●7682 真夏の雷管 (ミステリ) 佐々木譲 (角川春) ☆☆☆★

 

真夏の雷管

真夏の雷管

 

 

道警シリーズ第八弾、とのことだが、たぶん僕はこのシリーズを3,4冊読みながらも、派手で雑だなあ、と感じて、読まなくなっていた。ただ、新刊夏枯れの今、ネットの評判も良さそうなので手に取った。(一方、真保の新刊はあまりネットの評判が悪くて、やめてしまった)
結論から言うと、警察捜査小説としては、テンポよく一気に読ませる。ただ、ミステリとしては、あまりにもひねり、けれんがない。まあ、87分署みたいに文庫で一発だったら、これでいいのかもしれないが。
さて、佐々木も神7作れるのだが、道警シリーズも警察官の血も、僕の場合入らなくて、初期の戦記物ばかりになりそうなんだよね。 

 

 

2017年 7月に読んだ本

●7671 黒い波紋 (ミステリ) 曽根圭介 (朝日新) ☆☆☆★
黒い波紋

黒い波紋

 

 このところ、コツコツと安打(内野安打)を重ねてきた著者だが、残念ながら今回も単打止まり。長打、本塁打にはまだまだ足りない。もし、文庫書下ろしなら、ちょうど満足という感じかな。

自然死した老人の息子が、遺品の中からあるものを見いだし、政治家を恐喝することになるのだが・・・という物語。まあ、内容はせこいし、人の命が軽すぎるが、クイクイ読ませるのは確か。

そして、最後に(はっきり書いていないが)ちょっと驚くオチが2つ。だけど、その根本にある、2つの事件のつながりが(これまた書いていないが)単なる偶然、というのは、やはりいかにも弱い気がするなあ。

 

●7672 誰が歴史を歪めたか (対談) 井沢元彦 (祥伝文) ☆☆☆☆
誰が歴史を歪めたか―日本史の嘘と真実 (祥伝社黄金文庫)

誰が歴史を歪めたか―日本史の嘘と真実 (祥伝社黄金文庫)

 

副題が、日本史の謎と真実。題名から類推するような猛々しい内容ではなく、古い本だが(2000年)楽しめた。何しろ対談相手が凄いメンバーだ。梅原猛、森浩一、陳舜臣小松左京小室直樹高橋克彦田中優子山本夏彦半藤一利呉善花、というオールスター。(図書館で高橋克彦の本を検索していたら、本書を見つけた)

特に(予想通りではあるが)梅原、小松、小室、といった博覧強記の知の巨人と、井沢の「逆説」(言霊、怨霊、穢れ、等々)とは非常に波長が合い、対談が弾んでいる。もちろん、一人一人の分量が少ないので、物足りなさも残るのだが、気楽に読むには最適ではないだろうか。

そして、森、陳、小松、小室、山本、といった人々は、鬼籍に入ってしまった。(梅原と半藤は元気だなあ)ぜひ、今度は磯田との対談を読んでみたい。

 

●7673 同い年ものがたり (エッセイ) 佐高信 (作品社) ☆☆☆
“同い年

“同い年"ものがたり

 

 

結局、最後まで読んでしまったが、変な本である。<世代>と<人物>で語る昭和史、が副題で、昭和をいくつかの世代=同い年に区切って、100人近くの人物について書いているのだが、どこが昭和史かよく分からない。(一番古いのが、大正生れの村山富市

まず、選び方がよく分からないし、内容も短くて、著者の好き嫌い(しかし、それも何か婉曲な書き方)を書いているようにしか思えない。ひどい人(張本勲)など、名前しか紹介されない。で、好きな人?は新たに章を立てて長く書く。

どうも、僕は著者がよく分からないし、好きになれない。

 

 ●7674 黄昏の囁き (ミステリ) 綾辻行人 (講談文) ☆☆☆★
黄昏の囁き (講談社文庫)

黄昏の囁き (講談社文庫)

 

 綾辻の神7を作ろうと思ったら、作品が少ない上に、「囁き」三部作の内容が区別できない、というか思い出せない。すなわち評価できない。「殺人鬼」が未読なことは赦してもらうが(僕はホラー、特にスプラッターは大の苦手)これでは7冊選べないので、読み直すことにした。(一応、既読のはず)

このシリーズからだいぶ後、同傾向の「最後の記憶」がでて、これはまあ標準作だったが、それが傑作「アナザー」につながった、と想っている。

で、やっぱりホラーは苦手なので、一番パズラー色が濃いとネットに書かれていた、第三作の本書から逆に読み出した。

結論は微妙というか、傑作とは言えない。93年の作品だから、文章が若書きなのはしょうがないとしても、ストーリーが単調である。まあ、その分読みやすいが。で、ミステリー的なトリックは、二段構えになっているが、意外ではあるが、美しくない。

最初のミスデレクションだけだと弱いし、真の回答は、ちょっと動機に無茶がありすぎる。(ただ、このトリックが、のちに「アナザー」につながったのかもしれない)

以上、たぶん綾辻以外の作家の作品なら、もう少し甘くなるかもしれないが、綾辻がこれでは駄目な気がする。って、勝手なものだが。

 

●7675 暗闇の囁き (ミステリ) 綾辻行人 (講談文) ☆☆☆★
暗闇の囁き (講談社文庫)

暗闇の囁き (講談社文庫)

 

 続いて第二作だが、今度も微妙。本書も間違いなく再読なのだが、内容はほとんど覚えていない。なのに、当然かもしれないが、ミステリ(+ホラー)としての設計図はほぼ途中で分かってしまった。主人公の過去との関わり方(絵本)というのが、「黄昏」よりも、よく出来ているとは感じたが、もう少しうまい使い方があったように感じた。

たぶん、本書は著者も言うように「悪を呼ぶ少年」=双子、に今や大流行のあるネタをぶち込んでいるのだが、現時点から言うのは反則の気もするが、せっかくの素材を、文体が生かし切れなかった気がする。(それと、読み逃したのかもしれないが、冒頭の惨殺事件の犯人は結局誰なんだろう?)

というわけで、本書もまた神7に入れる気にはならなかった。「十角館」「迷路館」「時計館」「暗黒館」「アナザー」までは当確なのだが、あと「奇面館」を無理に入れても、やっぱり一冊足りないなあ。「緋色」に期待できるかなあ?

 

●7676  緋色の囁き (ミステリ) 綾辻行人 (講談文) ☆☆☆☆
暗闇の囁き (講談社文庫)

暗闇の囁き (講談社文庫)

 

 ついに、第一作。でやっとギロギリ合格か。再読なので、しょうがないが、たぶん初読当時は、この結末にかなり驚いたと想う。

囁き三部作を通しての文句、文章の稚拙さ(なぜか、三作目の黄昏が一番感じたが、読んだ順番か)や、警察の無能さ、さらには本書の隔離された女子高の寄宿舎、というベタな状況、等々は認めなければならないが、本書にはやはり驚きと、それを支える論理のアクロバットがある。

僕は「ユリゴコロ」を思い出してしまった。もちろん、そこまでは届いていないが。(また、このトリックは変形しながら、緋色・黄昏・アナザーと続いている感じで、読んだ順番は間違えた感じ)

というわけで、やっと綾辻の神7が、ぎりぎりだけれど作れそうだ。

 

●7677 スティグマータ (ミステリ) 近藤史恵 (新潮社) ☆☆☆☆
スティグマータ

スティグマータ

 

 「サクリファイス」から続く、シリーズ第五作で、何と図書館で一年以上待って、一気に読んだ。残念ながら今までの作品の詳細は忘れてしまったが、登場人物たちには何とか覚えがある。

そして、何より、いかにも欧州っぽい複雑なサイクルレースの世界が、リアルにビビッドに描かれていて、読み出したら止まらない。

問題はいつも、そこに絡む「死」犯罪の部分で、どうもやりすぎのような気がしてしまう。今回も、細かい伏線も張っているが、犯人の動機にイマイチ納得できない部分が残る。それでも、本書は爽快なスポーツ小説であるだけで、十分だが。

 

●7678 乱歩と清張 (エッセイ) 郷原 宏 (双葉社) ☆☆☆★
乱歩と清張

乱歩と清張

 

 一昔前ならば、松本清張=社会派が、乱步=本格派を滅ぼした?という妄言を信じる人もいたかもしれないが、実際には本書にあるように、乱步は清張を大きく評価していた。ただ、それが「一人の芭蕉」だったかどうかはわからないが。

まあ、特に乱步側は面白く読めたが、本書にはそれほど新しい記述はなかった。また、宇山なき今、書かれるべきなのは、その後の冒険小説と新本格の80~90年代の物語だが、それを書ける人がいるのだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山田正紀おすすめ神7+1

この神7は文句、異論、ありまくりだろうが、一応調べたら山田の小説を53冊読んでるので、一応僕なりの基準で選んでいることを理解ください。山田正紀は不思議な作家だ。そうか、伊坂や恩田のように、常にいつか凄い傑作を書くと期待させつづける作家の元祖だったんだ。

 

アフロディーテ 

 この作品を山田のベストにあげる人はまずいないはず。僕は大学時代に本書でギラギラとした夏休みを経験した、だけでなく、何と35年後に再読したら、本書の未来と現実が完璧にシンクロしてしまったのだ。しかも、その数日後に本当にひさびさに有栖川有栖に会うというおまけつき。本書は僕にとって、甘酸っぱい青春そのものなのだ。

アフロディーテ (1980年)

アフロディーテ (1980年)

 

 ②デッドエンド

神シリーズと螺旋。僕の大好きな隠れた名作。短いから破綻もない。

 

デッド・エンド (1980年)

デッド・エンド (1980年)

 

③神狩り

 今さら言うまでもない、著者のデビュー作。再読して、その内容のスカスカさに驚いたが、やっぱりかっこいいのにも驚いた。関係代名詞と薔薇。これは小説なのか?

 

 神狩り (角川文庫)

神狩り (角川文庫)

 

④弥勒戦争

 実は再読するまでは、本書が山田のベストだった。こんな理屈の勝った作品だったのか?

【新装版】弥勒戦争 (ハルキ文庫)

【新装版】弥勒戦争 (ハルキ文庫)

 

 

⑤地球・精神分析記録

いい意味で、山田のお勉強体質が出た傑作。再読にも見事に耐えた。

 

地球・精神分析記録(エルド・アナリュシス) (徳間デュアル文庫)

地球・精神分析記録(エルド・アナリュシス) (徳間デュアル文庫)

 

 

 ⑥襲撃のメロディー

 あまりに字が小さく、日焼けしていて再読はあきらめたが、僕の古いノートを信じれば大傑作。ただ、表紙にはコンピューターの入力用紙?らしきものが・・・・・

襲撃のメロディ (1978年) (角川文庫)

襲撃のメロディ (1978年) (角川文庫)

 

 

ブラックスワン

ミステリを一冊あげるなら「人喰いの時代」か「ミステリオペラ」が妥当かもしれない。また僕は「僧正の積木唄」も結構好きだ。でも、本書の発読時の所感をなぜか優先したい。(当時は山田がミステリを書くと思わなかったのだ)正直、再読するとかなり評価は落ちてしまったのだが。

ブラックスワン (ハルキ文庫)

ブラックスワン (ハルキ文庫)

 

 

+1 火神を盗め

再読して一番評価が下がったのが本書。「謀殺のチェスゲーム」も同じ。半村の伝奇小説と同じく、還暦間近のサラリーマンには、一般企業がこんな馬鹿なことをする小説は耐えられないのだ。学生時代は大傑作と興奮したのに。嗚呼。「エイダ」や「宝石泥棒」や「女囮捜査官」はどうしたんだ、と怒らないでね。ごめん。

 

火神(アグニ)を盗め (ハルキ文庫)

火神(アグニ)を盗め (ハルキ文庫)

 

 

 

恒川光大郎おすすめ神7+1)

①金色機械

金色機械 (文春文庫)

金色機械 (文春文庫)

 

 

②スタープレイヤー (②③はセット。単独では③の方が面白い)

スタープレイヤー (角川ebook)
 

 

③ヘブンメイカー スタープレイヤーⅡ

 

④雷の季節の終わりに

 

⑤竜が最後に帰る場所 (鸚鵡幻想曲が傑作)

竜が最後に帰る場所 (講談社文庫)

竜が最後に帰る場所 (講談社文庫)

 

 

⑥金色の獣、彼方に向かう 

金色の獣、彼方に向かう

金色の獣、彼方に向かう

 

 

⑦秋の牢獄

秋の牢獄 (角川ホラー文庫)

秋の牢獄 (角川ホラー文庫)

 

 

次、草祭

草祭

草祭

 

 

次、無貌の神

無貌の神

無貌の神

 

 

+1)夜市

夜市 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

 

 

本城雅人おすすめ神7

①球界消滅

球界消滅 (文春文庫)

球界消滅 (文春文庫)

 

 

②ミッドナイト・ジャーナル

ミッドナイト・ジャーナル

ミッドナイト・ジャーナル

 

 

③スカウト・デイズ

スカウト・デイズ (講談社文庫)

スカウト・デイズ (講談社文庫)

 

 

④嗤うエース

嗤うエース (講談社文庫)

嗤うエース (講談社文庫)

 

 

⑤希望の獅子

希望の獅子

希望の獅子

 

 

⑥トリダシ

トリダシ

トリダシ

 

 

⑦英雄の条件

英雄の条件

英雄の条件

 

 

次、サイレント・ステップ

サイレントステップ

サイレントステップ

 

 

京極夏彦おすすめ神7

魍魎の匣

文庫版 魍魎の匣 (講談社文庫)

文庫版 魍魎の匣 (講談社文庫)

 

 

狂骨の夢

文庫版 狂骨の夢 (講談社文庫)

文庫版 狂骨の夢 (講談社文庫)

 

 

③絡新婦の理

文庫版 絡新婦の理 (講談社文庫)

文庫版 絡新婦の理 (講談社文庫)

 

 

姑獲鳥の夏

文庫版 姑獲鳥の夏 (講談社文庫)

文庫版 姑獲鳥の夏 (講談社文庫)

 

 

鉄鼠の檻

分冊文庫版 鉄鼠の檻(一) (講談社文庫)

分冊文庫版 鉄鼠の檻(一) (講談社文庫)

 

 

⑥塗仏の宴

文庫版 塗仏の宴 宴の支度 (講談社文庫)

文庫版 塗仏の宴 宴の支度 (講談社文庫)

 

 

⑦陰魔羅鬼の瑕

文庫版 陰摩羅鬼の瑕 (講談社文庫)

文庫版 陰摩羅鬼の瑕 (講談社文庫)

 

 

次、邪魅の雫

文庫版 邪魅の雫 (講談社文庫)

文庫版 邪魅の雫 (講談社文庫)

 

 

綾辻行人おすすめ神7

時計館の殺人

 

②Another

Another(上) (角川文庫)

Another(上) (角川文庫)

 

 

十角館の殺人

 

暗黒館の殺人

暗黒館の殺人(一) (講談社文庫)

暗黒館の殺人(一) (講談社文庫)

 

 

迷路館の殺人

 

⑥奇面館の殺人

奇面館の殺人(上) (講談社文庫)

奇面館の殺人(上) (講談社文庫)

 

 

⑦緋色の囁き

緋色の囁き (講談社文庫)

緋色の囁き (講談社文庫)