読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015年 ジャンル別ベスト(ミステリ、国内・海外)


2015年度は217冊でした。もう少し読みたかったのですが、まずまず
というところでしょうか。相変らず、硬い本はあまり読めてないのですが、
時代小説を除いたエンタメは、それなりに充実していました。特に恒川光太
郎と野崎まどとの出会いは、衝撃でした。どちらも、今までに全く読んだこ
とのない、ジャンル分け不能の作家でした。

 

◆国内ミステリ

この一作という作品はなかったが、結構全体にレベルは高かった。5位
までは、文句のない傑作だが、特に柚月の変貌には驚いた。

1、犯人に告ぐ2         雫井脩介 (双葉社) ☆☆☆☆★

 

犯人に告ぐ : 2 闇の蜃気楼

犯人に告ぐ : 2 闇の蜃気楼

 

 


2、王とサーカス         米澤穂信 (創元社) ☆☆☆☆★

 

王とサーカス

王とサーカス

 

 


3、孤狼の血           柚月裕子 (角川書) ☆☆☆☆★

 

孤狼の血

孤狼の血

 

 


4、さよなら神様         麻耶雄嵩 (文春社) ☆☆☆☆★

 

さよなら神様

さよなら神様

 

 


5、赤い博物館          大山誠一郎(文春社) ☆☆☆☆★

 

赤い博物館 (文春e-book)

赤い博物館 (文春e-book)

 

 


6、さよならの手口        若竹七海 (文春文) ☆☆☆☆★

 

さよならの手口 (文春文庫)

さよならの手口 (文春文庫)

 

 


7、星読島に星は流れた       久住四季 (創元社) ☆☆☆☆

 

 


8、Aではない君と        薬丸 岳 (講談社) ☆☆☆☆

 

Aではない君と

Aではない君と

 

 


  誓 約            薬丸 岳 (幻冬舎) ☆☆☆☆

 

誓約 (幻冬舎単行本)

誓約 (幻冬舎単行本)

 

 


  アノニマス・コール      薬丸 岳 (角川書) ☆☆☆☆

 

アノニマス・コール

アノニマス・コール

 

 


9、影の中の影          月村了衛 (新潮社) ☆☆☆☆

 

影の中の影

影の中の影

 

 


  機龍警察【完全版】      月村了衛 (早川書) ☆☆☆☆

 

 


10、犬の掟            佐々木譲 (新潮社) ☆☆☆☆

 

犬の掟

犬の掟

 

 


11、ビッグデータ・コネクト    藤井太洋 (文春文) ☆☆☆☆

 

ビッグデータ・コネクト (文春文庫)
 

 

 
次、最終陳述           法坂一広 (宝島社) ☆☆☆☆

 

最終陳述

最終陳述

 

 


次、所轄魂            笹本稜平 (徳間書) ☆☆☆☆

 

所轄魂

所轄魂

 

 


次、松谷警部と三鷹の石      平石貴樹 (創元文) ☆☆☆☆

 

松谷警部と三鷹の石 (創元推理文庫)
 

 


  松谷警部と目黒の雨      平石貴樹 (創元文) ☆☆☆☆

 

松谷警部と目黒の雨 (創元推理文庫)
 

 


次、鷹野鍼灸院の事件簿      乾 緑郎 (宝島文) ☆☆☆☆

 

 


次、鍵の掛かった男        有栖川有栖幻冬舎) ☆☆☆☆

 

鍵の掛かった男

鍵の掛かった男

 

 


次、ラストワルツ         柳 広司 (角川書) ☆☆☆☆

 

ラスト・ワルツ

ラスト・ワルツ

 

 


次、雨に泣いてる         真山 仁 (幻冬舎) ☆☆☆☆

 

雨に泣いてる (幻冬舎単行本)

雨に泣いてる (幻冬舎単行本)

 

 


次、SROⅥ 四重人格      富樫倫太郎(中公文) ☆☆☆☆

 

SROVI - 四重人格 (中公文庫)

SROVI - 四重人格 (中公文庫)

 

 


★古典再読
 ・人喰い            笹沢左保 (双葉文) ☆☆☆☆

 

人喰い 日本推理作家協会賞受賞作全集 (14)

人喰い 日本推理作家協会賞受賞作全集 (14)

 

 


 ・ブラックスワン        山田正紀 (ハル文) ☆☆☆☆

 

ブラックスワン (ハルキ文庫)

ブラックスワン (ハルキ文庫)

 

 


 ・人喰いの時代         山田正紀 (ハル文) ☆☆☆☆

 

人喰いの時代 (ハルキ文庫)

人喰いの時代 (ハルキ文庫)

 

 


◆海外ミステリ

昨年から、海外ミズテリをきちんと読めるようになったことがうれしい。
ただ、トップがクックというのは定番だが、このラストには泣かされた。
また「災厄の町」の再読は、僕にとって事件だった。クイーンがこんな素
晴らしい作家だったとは。(パズラー作家ではなく)


1、サンドリーヌ裁判          トマス・H・クック         (HPM) ☆☆☆☆★

 

サンドリーヌ裁判 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

サンドリーヌ裁判 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

 

 


2、悲しみのイレーヌ          ピエール・ルメートル        (文春文) ☆☆☆☆★

 

悲しみのイレーヌ (文春文庫 ル 6-3)

悲しみのイレーヌ (文春文庫 ル 6-3)

 

 


3、髑髏の檻              ジャック・カーリー         (文春文) ☆☆☆☆★

 

髑髏の檻 (文春文庫)

髑髏の檻 (文春文庫)

 

 


4、ありふれた祈り ウィリアム・ケント・クルーガー (HPM) ☆☆☆☆

 

ありふれた祈り (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

ありふれた祈り (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

 

 


5、ピルグリム1-3       テリー・ヘイズ (早川文) ☆☆☆☆

 

ピルグリム〔1〕 名前のない男たち

ピルグリム〔1〕 名前のない男たち

 

 


6、希望のかたわれ           メヒティルト・ボルマン       (河出新) ☆☆☆☆

 

希望のかたわれ

希望のかたわれ

 

 


7、声                 アーナルデュル・インドリダソン   (創元社) ☆☆☆☆

 

声

 

 


8、禁忌                フェルディナント・フォン・シーラッハ(創元社) ☆☆☆☆

 

禁忌

禁忌

 

 


9、猟犬                ヨルン・リーエル・ホルスト     (HPM) ☆☆☆☆

 

猟犬

猟犬

 

 

次、ヴァイオリン職人と天才演奏家の秘密 ポール・アダム           (創元文) ☆☆☆☆

 

ヴァイオリン職人と天才演奏家の秘密 (創元推理文庫)

ヴァイオリン職人と天才演奏家の秘密 (創元推理文庫)

 

 


次、あなたは誰?            ヘレン・マクロイ          (ちく文) ☆☆☆☆

 

あなたは誰? (ちくま文庫)

あなたは誰? (ちくま文庫)

 

 


次、だれがコマドリを殺したのか?    イーデン・フィルポッツ       (創元文) ☆☆☆☆

 

 


次、悪意の波紋             エルヴェ・コメール         (集英文) ☆☆☆☆

 

悪意の波紋 (集英社文庫)

悪意の波紋 (集英社文庫)

 

 


次、ミンコット荘に死す         レオ・ブルース           (扶桑文) ☆☆☆☆

 

ミンコット荘に死す (扶桑社ミステリー)

ミンコット荘に死す (扶桑社ミステリー)

 

 


★古典再読
 ・災厄の町      エラリイ・クイーン   (早川文) ☆☆☆☆★ 【新訳】

 

災厄の町〔新訳版〕 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

災厄の町〔新訳版〕 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

 

 


 ・九尾の猫      エラリー・クイーン   (早川文) ☆☆☆☆  【新訳】

 

九尾の猫〔新訳版〕 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

九尾の猫〔新訳版〕 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

 

 


 ・フォックス家の殺人 エラリイ・クイーン   (早川文) ☆☆☆☆

 

フォックス家の殺人

フォックス家の殺人

 

 

 
 ・緑は危険      クリスチアナ・ブランド (HPM) ☆☆☆☆

 

緑は危険 (ハヤカワ・ミステリ文庫 57-1)

緑は危険 (ハヤカワ・ミステリ文庫 57-1)